自己破産

自己分析を考えるとき、自己破産を申請手続きをする時には自己分析を余儀なくさせらるでしょう。弁護士に相談したり、債務整理をしたりする時に自己破産するまでに借金をしてきた原因を考えることでしょう。


裁判所に自己破産の申立書を作成するときにも自己分析を余儀なくされることでしょう。お金の使い方についていい加減なところが明らかになってくるでしょう。過去の時期にどうすれば自己破産するほど借金しなくてもよかったかが認識できるかも知れません。経済観念がなかったのでしょう。


現実と夢との間の識別能力に欠陥があったのでしょう。言い換えれば自分を現実の身の丈に見ることができなかったのです。今あるもので間にあわせることができなかったのです。収入が減ったら、生活レベルをそれに合わせて下げる。何かの事態に備えて蓄える。というように自分の生活を他人の目で冷静に見るスキルがなかったのです。セレブのような生活や仕事を求めて現実を直視して分析する能力に欠けていたのかもしれません。


自己分析として自分史のように書いて自分の強みや弱みをよく考えることができます。自己破産者になるという自分の現状に対して冷静に自己分析して自分の問題を認識し、自分の弱みやだらしない自分を厳しく受け入れて、他人や環境のせいにしないで立ち直ろうとするならば弱みが自分の強みとして再出発できるでしょう。